銀行ローンの審査も通過しやすい借入金額

銀行ローンの審査も通過しやすい借入金額

私が銀行のキャッシングを利用したとき、審査においては申告金額を低めに出していました。収入のことではなく、借り入れたい金額を少なくして、少しでも自分でお金を払っていこうと思っていました。収入は決して十分ではありませんでしたが、だいたい200万円の収入はあったのでそこまでぎりぎりの生活でもなく、借入でも審査に通るくらいの自信はありました。

 

しかし、100万円も200万円も必要だったわけではなく、旅行の時の保険として使えるような保険にキャッシングが利用できる状態にしておきたかったので、一応、帰国に必要になるであろう金額だけ借入できる30万円を限度額にして申告しました。それまでに借金をしたこともなく、支払いを遅らせたことも特にありませんでした。

 

審査は非常にスムーズでしたが、ネットの口コミなどではこの申請する金額によっては審査に通らないこともあるようでした。主に収入が影響するということで、もし50万円の限度額で申告していたら審査には通らなったかもしれません。

 

少しでも自分で支払おうと思っていたのが幸いしたのか、ラッキーな選択でした。借入金額の申告は利用者がいくら何に使おうとしているかを把握するためのものでもあるようなので、本当に必要になりそうな金額だけ申告するとよいです。これはキャッシングだけでなく、カードローンでも同じようなので目的をはっきりしておくと少しでも借金を有効活用できるでしょう。

 

銀行の審査は厳しいですが、30万円くらいの限度額は今の時代は主婦でも借り入れできるので、無理のない金額で審査をしておけば失敗することもないです。

 

銀行のキャッシングサービスは、消費者金融のサービスに比べると比較的安全に利用できます。審査も少額であれば通過しやすく、金利は高めですが、少額である分早めの返済をすることもできます。約定返済日だけに返済するのではなく、繰り上げ返済をしっかり行っていけば、負担は最小限に抑えられます。

 

借りすぎてしまうのは少額融資でも危ないことなので、利用限度額ギリギリまで借りずに、余裕ができるように借り入れしましょう。返済も1年や2年もかけるのではなく、2か月や3か月くらいで完済するつもりでいるのが良いです。トータルでかかるお金をしっかり計算し、長く時間をかければそれだけ支払っているお金も増えているという事実を見つめましょう。

 

時間がかかって多く支払いつつも、月々の負担は減らせるほうが良いのか、一気に支払って金利負担なども節約できる方が良いのか、自分に合った返済の仕方を見つけてください。

 

どんな借入でも無理に借り入れをすれば当然危険が増えます。しかし、少額融資ならばどう頑張っても無理な借入はできないので最低限の安全が保障されるでしょう。他の会社のサービスにまで申し込んで多重債務になっていれば危険ですが、年収の10分の1や5分の1くらいの借入ならば少し生活で無理をすればすぐに返済できる金額です。

 

どうしてもかかってしまう出費ならば仕方ないですが、余裕をもって借り入れした分についてはそこまで負担が増えることはないはずです。借り入れのし過ぎは返済期間の長期化や金利の上昇があり得るので、事前に計画を立ててから利用してください。

 

30万円以下の借入限度額のサービスは一般的には少額融資で、近年は専業主婦でも借り入れできる金額です。働いて稼ぎがない主婦でも借入できる金額なので、もし、審査に不安がある場合や、過去、審査に通過できなかった場合には低めに申告しておきましょう。

 

収入証明書を用意できるならば書類も早めに用意して申告すれば審査に通る可能性を上げられます。必ずできるわけではないですが、銀行側にとってもリスクが少ないサービスであれば利用できる可能性は上がります。

 

あまりにも低い限度額だと本当に利用したい目的に届かないこともありますが、あくまでサポートの役目として利用するサービスなので、借金メインでお金を使うような考え方は避けましょう。

関連サイト

  • カードローン専業主婦

    毎月の生活費や子どもの習い事など、専業主婦の方が抱えるお金の問題は多くあります。
    急な出費の場合でもカードローンを利用することで解決できることがあります。